あぐらや正座、正しい座り方?

よくどんな座り方をすれば良いですかと聞かれます。

腰痛や肩こりなど不調があると座っているだけで痛みが出たりこったりして来ますね。

重力に逆らい身体を支える筋肉群が弱ると身体は歪み・曲り不調の原因になります。

大概座っている姿勢で骨盤は後傾し背中が丸まってしまっていますよね?

では、正しい座り方は?

あぐらや正座の時にお尻の下にクッションを入れ、骨盤が立つようにします。
すると自然に背中も真っ直ぐにしやすくなります。
正座の時は、クッションをお尻と足の間に挟むようにすると膝の負担も軽くなります。
クッションはあまり高くなく、小さい枕のような形がいいと思います。
もちろん、わざわざ買われる必要もなく座布団を折り曲げたりして調整してみてくだい。
長時間いつも座っている時に骨盤が後傾し背中が丸まっていれば不調の原因になるのは当然ですよね。

普段の何気ない姿勢が今の状態を作り出しています。
少しのことですが、注意していただくと随分身体は変わってきます。
如何に上手く身体を使って行けるかが今後に繋がります。
でも、頑張ってしようと思うと長続きしません😅
上手く身体を使う方法を知り、頑張らずに使って行きましょう

~~~~~~~~~~~~

京都の整体院。

お腰やす やまだ整体の家

腰痛・肩こりをはじめとする筋骨格系の痛みやこり・しびれなど、全身調整により多くの不調から脱出する治療系の整体。

つらい慢性症状に適切なアプローチが得意です。

お問い合わせ・ご予約はこちらhttp://www.yamadaseitainoie.com/