だんだん腰が痛くなり、しびれも。ヘルニア・坐骨神経痛

だんだん腰が痛くなり、しびれて立っている事が出来なくなった。40代 男性。

仕事で長時間立ち、だんだん痛みとしびれがきつくなり、立っている事、座る事もが出来なくなり、横になり休んでいると少しましになったと言われ、ご紹介で来られました。

以前から腰の重だるさはあったようです。

レントゲンを撮られれば、ヘルニアがあればそのせいにされたり、坐骨神経痛と言われたりする方にも多いと思われる訴えの状態です。

このような場合は、臀部と骨盤内部の筋肉群が問題となる事が多いです。

以前から書いていますが、ヘルニア(急性期は除く)や坐骨神経痛と言われた方をみさせていただき、その構造上の問題が治っていなくても痛みやしびれがとれるのです。

それは本当の原因がヘルニアや神経の圧迫ではなく、トリガーポイント(痛みの元になるしこり)から来るからです。

この方の場合も、臀部や骨盤内部にできたトリガーポイントを取り除くと痛みやしびれが1回でほとんどなくなりました。

まぁ、痛みやしびれがなくなったからといって治ったわけではありません。

筋肉の状態をもっと良くしておかなければ、また再発することになります。

以前から腰が重だるかったと言われるのも、腰の状態が慢性化してきている証拠です。

そこに何かさらに負荷がかかると痛みやしびれが突然強烈に出て来たりするのです。

ヘルニアや坐骨神経痛で状態が良くならない方、本当の原因にアプローチできてますか?

骨をボキッとしたり、電気をあてたりしても良くならないのは原因にアプローチ出来ていないからかもしれませんよ。

~~~~~~~~~~~~

京都の整体院。

お腰やす やまだ整体の家

腰痛・肩こりをはじめとする筋骨格系の痛みやこり・しびれなど、全身調整により多くの不調から脱出する治療系の整体。

つらい慢性症状に適切なアプローチが得意です。

お問い合わせ・ご予約はこちらhttp://www.yamadaseitainoie.com/