しぐさの意味。

日頃無意識に取っているしぐさ。

なぜ、自然にそのようなしぐさをするのでしょうか?

無意識にするしぐさにはやはり意味があります。

たとえば、「腰に手をあてる」。

これは、頭の興奮やのぼせを落ち着かせるといわれています。

他には、

「腕組み」・・・胸の緊張をゆるめリラックスさせる。

「貧乏ゆすり」・・・膝を上下に動かすのは、呼吸を落ち着かせる。膝を水平に動かすのは、疲れをとる。

「からだをねじって座る」・・・上半身と下半身をねじった姿勢で座る のは、骨盤のねじれが強く、ねじれの 緊張をゆるめる。

などがあるといわれています。

人のからだは自然にからだの微調整をしているのですね。

おもしろいと思われませんか?

椅子に座る姿勢をみるだけで、この人はどこが悪いのかわかったりするのも、その姿勢をしてしまうからだのトラブルがあるからなのです。

~~~~~~~~~~~~

京都の整体院。

お腰やす やまだ整体の家

腰痛・肩こりをはじめとする筋骨格系の痛みやこり・しびれなど、全身調整により多くの不調から脱出する治療系の整体。

つらい慢性症状に適切なアプローチが得意です。

お問い合わせ・ご予約はこちらhttp://www.yamadaseitainoie.com/